【マミオン通信】2013年5月8日号

先日、「人間工学会」主催の講演会に参加してきました。

そこで講演された方の一人が、
Lenovoの『ThinkPad』開発における「ユーザー調査」の様子について
詳しく紹介してくださいました。

ThinkPadと言えば、IBM時代から続く人気PCブランドです。

その開発は横浜の大和研究所で行われており、
研究所内にはユーザーテストラボも併設されているそうです。

また最近は、中学校でもPCを使った教育が広まっており、
そこへ「現場観察」に行ったときのことを話してくださいました。

・30台をいっぺんに収納&充電するのに適したラックを自作していた
・調子が悪くなったら予備PCとすぐに交換する
・PCを広げると、それだけで机が占拠されてしまう
・モニタ上にOHPシートを貼って、ペンで書き込みをしていた
・グループワークなど、数人で協調作業を行う機会が頻繁にある
・一番大切なのはスペックではなく、「授業時間内に終わってもらうこと」

授業の様子を直接観察することで、
上のような様々な気付きが得られたとのことです。

PCというとスペックで語ってしまいがちな商品ですが、
こうした利用文脈をしっかり考慮してあげれば
コストを抑えつつ競争力のある商品が企画できるのではないでしょうか。

観察を含めた「ユーザー調査」を行うと、
アンケートなどの数値だけではわからないことが次々と発見できます。

マミオンは毎日が「現場観察」状態ですので、
そうした調査のコーディネートはぜひお気軽にご相談ください。

┌─目次───────────────────────────┐

【1】共感と観察

【2】ネットリサーチ26個の料金一覧表を作ってみた

【3】最近のシニア、ユーザビリティ、ECサイトに関するニュース

└──────────────────────────────┘

※このメールは、弊社ウェブサイトからメールマガジンのお申し込みを
いただいた方と、弊社メンバーと名刺交換をさせていただいた方にお送
りしています。

ご不要の方は、お手数ですが本メールの最下部より配信停止のお手続き
をお願いいたします。

┌┐
└■ 【1】共感と観察
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

パソコン教室での指導の経験から、
「共感だけでは、目の前にいる人の問題を解決できない」
ことについて考えてみました。

サービス提供者は、ユーザーに「共感」するだけでなく、
深い「観察」によってユーザーの行動の
先回りをする力が必要とされるのではないでしょうか?

公式ブログ:共感と観察
//goo.gl/MU94K

┌┐
└■ 【2】ネットリサーチ26個の料金一覧表を作ってみた
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ちまたに数ある「ネットリサーチ」サービス。

いざ実施しようとしても、
どこが一番安いのか、モニタ数はどのくらいなのか、
全部調べるのは面倒ですよね。

そこで今回は、ネットリサーチのモニターを保有しているサービス
計26個を比較検討できる一覧表を作ってみました。

特に、最近増えてきた「セルフ型リサーチ」は
安価で素早い回収ができるので注目です。

マーケティング調査に携わる方はぜひご活用ください!

公式ブログ:ネットリサーチ26個の料金一覧表を作ってみた
//goo.gl/iIbYU

┌┐
└■ 【3】最近のシニア、ユーザビリティ、ECサイトに関するニュース
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

50~60代が欲しい家電1位はロボット掃除機 – 家電Watch
//kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/20130416_596046.html

これがシャープの“分かりやすい使いやすい”スマホ「シンプルスマホ SoftBank 204SH」 – ITmedia Mobile
//www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1304/23/news126.html

ライフスタイルの多様性を理解する – U-Site
//www.usability.gr.jp/lecture/lifestyle-diversity.html

高齢者をネット難民にしないためのパソコンを販売するECサイト「Telikin」|ネットコンシェルジェ
//netconcierge.jp/blog/2013/04/ectelikin.html

必ずおさえておきたいユーザービリティー チェックリスト | btrax スタッフブログ
//blog.btrax.com/jp/2013/04/29/checklist/

┌┐
└■ あ と が き
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

高校時代の部活の同期が結婚するということで、
その友人から「メッセージカードを書いてほしい」と連絡がありました。

わざわざ地元の静岡から送ってもらったので
コーヒーでも1杯おごってあげたいなと思ったのですが、
ソーシャルギフトサービスで有名な『giftee』では、
東京近郊にあるカフェのチケットが中心なので使えません…。

ファミリーマートのクーポン券もあるようですが、
金額が出ているのもちょっと味気ないですね。

他にいろいろと探し回り、
結局、キリンのプレミアムビールを近所のコンビニで贈れる
『BEER to friends』というサービスを申し込んでみました。

Facebookを通して贈る手続きをすると、
珍しいプレゼント方法に、相手も喜んでくれたようです。

「ソーシャルギフト」、ちょっとした機会にオススメですよ!

                         マミオン 佐藤