当社の主な業務は
・パソコン教室運営・研修(個人、法人向け)
・大人向け数学塾の運営(個人、法人向け)
・パソコン関連のテキストの出版( 法人向け )
・数学コースのEラーニング提供(個人、法人向け)
・シニア層も使えるWEB・家電ユーザビリティ評価 ( 法人向け )
から成り立っています。

事業方針

研修事業

・できることが増える楽しみを提供する
・毎日、「できるチャンス」にかわる
・ストレスを減らす機会を提供する


創業と共にシニア向けパソコン教室を開始し、2011年に大人向け数学教室大人塾をオープンいたしました。
2016年頃よりパソコン教室は内容をシニア向けから、仕事向けにシフトし、多くの企業様にご利用いただけるようになりました。
また、大人向け数学教室もおかげさまで受講者数は1000名を超え、法人にもご利用いただけるようになりました。

部下の立場からは「そんなこともしらないの?」「なんでできないの?」と言われるのが辛いと訴えを聞きます。一方で上司の立場からは「どうしてそんなこともできないの?」と一から教えなくてはいけないストレスが溜まって鬱になりそう!という訴えを聞きます。

学んで使うチャンスがなければ、今が学ぶチャンスです。
習えばできる話なら、習ってできるようになって、
怒るストレスからも、怒られるストレスからも解放されて優しい気持ちで毎日を過ごせるようになろう!というのが、当社の研修事業のスタンスです。

上記の理由から、団体講習よりも、個別講習を重視しています。団体講習でお申し込みいただいた場合でも工夫して、個人の才能を伸ばせるよう意識しています。

各人の苦手分野、目標は異なります。多くのカリキュラムをご用意し、個人、法人様への生産性向上に貢献し、ストレスフリーな毎日をご提案しています。

ユーザビリティ評価事業

当社は2003年にシニア向けパソコン教室運営からはじまりました。
毎月延べ1200名以上のシニア層と接することにより気づいた、シニア層の加齢による家電・ウェブサイトの使いづらさに注目し、ユーザビリティの改善をご提案して参りました。

「使いづらさ」の原因は、本人の学習能力ではなく、加齢による操作性の問題にあるのでは?と観察を続けた結果、シニアも使えるウェブサイトガイドラインなどを上梓させていただいております。

また、多くのシニア層と接し、グループインタビューの場や初対面のインタビュアーには見栄を張って言えないという事実に注目し、パソコン教室の先生という立場を利用したヒアリング調査を行って参りました。

現在では、教室に通うシニア層は減っており、ユーザビリティ評価及びヒアリング調査においては外部のモニター機関を利用しています。