知らないことに興味を持ってもらう、そして、興味が持続するために

知らないことに興味を持ってもらう、そして、興味が持続するために

人は、さまざまな「知らないこと」に直面する。

その「知らないこと」は、
判断しなくちゃいけないことであったり、
覚えなくちゃいけないことであったり、
知らなくてもいいことだったりする。

「知らないこと」に出会った人々の行動を知ることで
企業が提供する情報が、ユーザーにとって「知らないこと」だった場合に
どのようにユーザーが行動をするのか
また、回避される場合にはどう対処するべきなのかを
考えるきっかけになればいいと思う。

AISASが、ユーザーが興味があり、比較的ポジティブなモデルであるとしたら
今から書くのは、めんどうを嫌う、迷う人間のモデルであり、
アクションを起こさない理由を並べているものである。

Step1 興味が湧きましたか。


新しいことに出会ったとき、人は

・それについて知りたい!
・別に知らなくていいや

という考えに至る。

・別に知らなくていいや
という考えの裏には、

「興味が湧かない」
 (1)新しいものは基本的に嫌い(なくても生きていける)
 (2)他に興味があるものがあって、今はほかに興味が持てない
 (3)感情を揺すぶられない

が存在する。

(1)、(2)は、正直対処しようがないが、
(3)は表現で心を動かすことができる。

Step2 もっと知りたいですか。


興味を持って、もっと知りたいと思うかどうか、が大きい。
「ふーん」と思っても次のアクションを起こさないことはよくある。
興味を持ってもアクションを起こさない理由はなんなのだろうか。

2-1)今までの経験に照らし合わせる
そのアクションが起きた時に、今まで自分がそれを経験したことがあるか
照らし合わせる。
照らし合わせて、似たものであれば、もっと知りたいと思うことができる。
しかし、全く知らないものである場合、知ることすら面倒だなあと思う。

→「○○のようなものだ」とたとえることで、もっと知りたいと思わせることができる

2-2)自分に得になりますか
それを知ったことで、得になるのであれば、もっと知りたいと思い、
それを知っても大して特になりそうでなければ、「ふーん」で終わってしまう。

→自分自身の得になりそうだ、と思わせる。

Step3 みんな知ってるか


話のネタになりそうだ、得になりそうだ、
もっと知りたい、と思って、調べるにしたがって
知らない言葉やら、知識やら、いろいろな障壁が生まれる。

ああ、難しい。そこで、諦めてしまうかどうかは、
実は、周りに、同じような仲間がいるかどうかがかかわってくる。

「○○って知ってる?」
「ああ、それって××って意味らしいよ。でも、興味ないけど」
「知らなーい」
「聞いたことあるけど、知らなーい。使ったことなーい」

そんな言葉が並ぶと、
一気に「知りたい欲」「追及したい欲」がなくなってしまう。

「僕は興味があったけど、みんなも知らないし、まあいっか。」

なのである。

また、周りが使っていない、知らないため、
使わずに忘れてしまうということもある。

興味を沸かせるだけではなく、興味を持続させ、アクションにつなげる

特に、都会に住む人は、ちらつかされる興味の数が多すぎて
人は思った以上に、興味を持たない。

また、興味を持ったとしても、
次なる興味が表れてすぐに忘れられてしまう。

随分前、「『いつかやる』は、一生やらないよ!」と、まじめな友人に言われたが
「いつかやる」は興味のきっかけであり、いつかやろうと思ったことは、とても重要だ。

そして、そのいつかやる、が「いつやるの」に引き起こすのが
プレゼンテーターである提供者側の企画であり、
その「やってみようかな」を「やってみる機会・きっかけ」に出会うまで
持続させることも重要なのだ。

興味を持ってもらうことだけじゃなく
興味を持ってもらってから忘れられないこと、
興味を持続させること、

これをもう少し意識するだけで
シニアマーケットの攻め方が変わってくるのではないだろうか。