老活のススメ-今から始める3つの老活

世間では、色々な活動が取沙汰されています。

婚活、就活、終活、保活、などなど・・・

私は、数多くのシニア層と接している身として、
今この瞬間から「老活」をオススメしたい!

老活は、ご高齢の方のためのものではなく、
できるだけ若いうちに始めるのが肝です。

もう老後のこと考えるの?なんて言わないでくださいネ。
老後は、今の生活の延長線ですから
今過ごしている日々が、老後を変えるのです!

老活の目的

充実した老後を過ごす!

60,70,80歳になっても充実した毎日を過ごしたいものです。
安心できる場所があり、刺激があり、人から必要とされる・・・

実際、社会で「高齢者の知識を活かせ」といわれますので、
それでは老後に自分の経験を活かして何かしよう!と思っても、
周りも高齢化してますから
「年を取っただけの高齢」の経験は残念ながらあまり使えません。

つまり、「年を取っただけ」で得られる経験は価値が低くなります。
必要とされる「経験」は、若いうちから意識して
しっかりと活動することにより得られます。

だからこそ、1日でも若いうちに「老活」をする必要があります。
老活をしてこそ、自分の望む老後を得られるのです!

具体的な老活内容

若いうちに老後なんてイメージできないよ・・・という方も
どうぞ想像してください。

キーワードは居場所と刺激です。

1)老後の居場所をイメージする

毎日をどこでどう過ごしているか。
会社という毎日行くべき場所がなくなった時に
どこで人と会うか、誰とつながるか。

マズローの自己実現理論で言うところの
「所属と愛の欲求」です。
それが地域(狭域・広域)なのか、趣味なのか、
自分の居場所を想像しましょう。

その場所を得るために、
今からどのような活動をしておけばいいのか意識しましょう。

2)老後キャラをイメージする

高齢者コミュニティは、利益追求団体に属さない限り、
目的が薄く、コミュニティからの離脱は容易です。

となると、組織としては、非常にゆるぅい結合になり
別に居ても居なくても解らない・・・、ということに
なりかねません。

そこで、自分のキャラを際立てましょう。
どういうキャラで老後を過ごすか。

○○さんって頼れるわあ
なのか
○○さんってニュースに詳しくてカッコイイ
なのか、
○○さんって癒し系よね
なんでもいいです。

どういうキャラになるか。そのキャラの方向性が、老後を濃いものにします。
ですから、今からそのキャラづくりに励みましょう。

3)情報アンテナを張っておく

「しなくちゃいけないこと」がなくなると
情報へのアンテナが低くなりがちです。
情報が無くても生きていけるからです。

しかし、それでは、社会とだんだん離れてしまい
気づくと浦島太郎状態になります。

そのため、若いうちから常に情報に対してアンテナを張る癖をつけておくと
老後でも引き続き情報アンテナを張る事が苦になりません。

若いうちから「興味ない」「意味がないからやらない」と
否定ばかりしていると、老後はもっともっと情報が入りにくくなります。
色々な興味を持ち、老後に活かしましょう。

いかがでしたでしょうか?
これが老活の基本です。

みんなでたのしい老後♪を迎えましょう~