シニアのネットショッピングはキャズムを越えた!日米シニアのWebサービス利用率を調べてみた

シニアのネットショッピングはキャズムを越えた!日米シニアのWebサービス利用率を調べてみた

「イノベーター理論」および「キャズム理論」。

マーケティングに関わる方ならよくご存知の用語だと思いますが、今回は特に日米シニア層におけるWebサービスの利用率データから、それぞれのサービスがイノベーター理論でいうどの段階まで来ているのか、あらためて確認してみたいと思います。

イノベーター理論とは、スタンフォード大学のエベレット・M・ロジャース教授が1962年、『Diffusion of Innovations』(邦題『イノベーション普及学』)で提唱した理論です。
たとえば液晶テレビ、たとえばiPadなどの新しい商品が市場に投入された際に、消費者のその商品購入への態度により、社会を構成するメンバーを5つのグループへと分類したものです。

画像参照:イノベーター理論とキャズム理論 | マーケティングis.jp

 

アメリカのシニアショッピングユーザーはおよそ35%

先日公開になったTechCrunch Japanの記事によると、アメリカの65歳以上のインターネット利用動向は、以下のような状況とのことです。

  • 65歳以上の60%、約2000万人がインターネットを利用して友だちや家族とコミュニケーションし、人生を楽しんでいる
  • インターネットを利用する人の90%以上がメールを使う
  • 59%が過去3か月内に何かを買ったことがある
  • 49%がFacebookのアカウントを持っている
  • 46%が(主にメールで)写真を送受している
  • ゲームをしている人は、44%だ

アメリカでは全体の60%がネットを利用し、その中の60%がネットショッピングを楽しんでいるようなので、全体に対する利用率は60%×60%≒35%ですね。3人に1人というところでしょうか。

また特筆すべきなのが、「49%がFacebookのアカウントを持っている」という記述です。全体で計算すると30%の人がFacebookを使っているという計算になります。これ、日本の20代より利用率が高いのではないでしょうか…?

 

日本のシニアインターネットユーザーは40%

一方で最近の日本の状況はどうでしょうか?
まずは総務省の昨年の通信利用動向調査から、全体に対するインターネット利用率を見てみましょう。

  • 65-69歳:60.9%
  • 70-79歳:42.6%
  • 80歳以上:14.3%
  • ※65歳以上 計:39.8%

上のグラフでは年代別の集計になっていますが、元の調査データを当たると、65歳以上の合計ではおよそ40%という数値が出てきました。パソコン教室にいる実感としても、こんなものだろうと思います。

 

ショッピングとコミュニティの利用率に大きな差

そしてインターネットを使っている人のうちで、どのくらいの割合がショッピングやコミュニティサービスを使っているのでしょうか?

ここでは2011年6月のgooリサーチの調査と、2012年3月のIMJモバイルの調査から、様々なWebサービスの利用率を確認してみましょう。

65歳以上のインターネットユーザーにおいて…

  • オンラインショッピング:67.8%
  • コミュニティサイト(mixi、Facebookなど):9.0%
  • オンラインゲーム:7.5%

60-80歳のインターネットユーザーにおいて…

  • オンラインショッピング:65.8%
  • コミュニティサイト(mixi、Facebookなど):9.7%
  • オンラインゲーム:10.0%

どちらの調査でも、ショッピングが65%、コミュニティ(Facebook)が10%、オンラインゲームが10%と、ほとんど同じ傾向が読み取れました。IMJの調査の方が少し数値が高いのは、60-64歳の比較的アクティブな層が加算されているからでしょう。

 

キャズムを越えたショッピングと、これから期待のFacebook

以上の日本のデータを掛け合わせ、シニア層全体に対する各サービスの利用率をグラフに描いたものがこちらです。

 

いかがでしょうか?

 

日本のシニア層全体では、ネットショッピングは4人に1人、Facebookなどのコミュニティサービスは25人に1人という割合が出てきました。アメリカと比べると、ショッピング利用率は検討しているものの、コミュニティサービスは7倍の開きがあります。

こうして比較してみると、まだまだ日本のシニア層におけるインターネット利用には、伸びしろがたくさんあるんだなと思わされます。

 

ちなみにパソコン教室の生徒さんで「私インターネットやってるよ!」という方によくよく話を聞いてみると、「Yahooでニュースを見ている」とか「電子メールを使っている」というパターンがとても多いです。

Facebookを使っているのが25人に1人というデータは、なんとなくパソコン教室での実感と近い数値だなとも思います。かなりレアですね。

 

イノベーター理論にあてはめてみると、Facebookの4%というのは「アーリーアダプター」段階に入ったあたり、ショッピングの26%というのは、キャズムの16%を超えて「アーリーマジョリティ」の参入真っ最中という感じですね!


画像参照:イノベーター理論とキャズム理論 | マーケティングis.jp

またこれを20代で考えてみると、Facebookについてはおよそ30%でキャズム越え、ショッピングについてはおよそ65%で「レイトマジョリティ」が使う段階と言えます。これもほぼ皆さんの実感と合うのではないでしょうか?

 

普及してきたショッピングサイト、コミュニティサイトのシニア利用には、ユーザビリティの考慮が不可欠です。こうした領域でのビジネスを考えている方は、ぜひマミオンにご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です