立場が違えば、見えているものが違う

男に「フロントホックって何?」って聞いたら大抵「前で外すやつ」って答えるらしいです。男にとってブラジャーは「外すもの」だから。「前で留めるやつ」って答えた男がいたらそいつは日常的にブラを着用してる。
@peace_ak
Peace-AK

人は、それぞれの立場にいる

タクシーに乗って道案内?をすると、少なくない、タクシーの運転手さんに言われる。
「お姉さん、車乗らないでしょう」

実際、その通りである。

話を聞くと、私の道案内は歩行者の目線らしい。
建物、建物の特徴、お店の名前で道案内をする。
「先のファミリーマートで止まってください」等。

車を運転する人は、できれば信号単位で教えてほしいとのこと。
解ってはいるのだが、いまだにうまく道案内ができない。

歩行者と、運転者、この立場が違うと、道の見え方が違う。

男性、女性。
若者、シニア。

同じような立場に立った気分になっていても、
見えているモノ/見え方は全く違う。

たとえば、シニアと若者

若者にとって当然できることがシニアにとってはできない。

さらに、インターネットに不慣れなシニアと、
インターネットになれている若者では
見えているモノ、不安になっているモノは
全く質が違う。

「僕のカード情報は宙を舞っているんですか」とか
「運営者情報がしっかりしているというのはどこで解るんですか」とか
「これはクリックと書いてありますが、間違ってダブルクリックしたらどうなるんですか」とか
「どのタイミングから課金されるんですか」

とか、不慣れであればあるほど、
そして、年を取っていればいるほど、
様々な不安が募ったり
加齢により、画面の小さなパーツに気づかないなどの問題も含めて
操作が変わってきてしまう。

シニアと10年一緒にいても、未だにシニア層の「素朴な質問」に驚くことがある。

見えているモノが違うのだから、
同じものが見えていると過信せずに、
解る人同士の「解っているノウハウ」だけでサイトを構築せず、

ユーザーテストを行なうことで、
リアル利用者の視点から、サイトの問題点や修正点を
見つけていくことが重要なんだと思う。

(1年前からタクシーに乗る技術が進歩していないことに驚愕しつつ、1年前のブログより多少加筆修正/再掲。)

シニア層の生の声を生かしたマーケティングリサーチシニア層のユーザーテスト、行ってます。
お問い合わせはお気軽に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です