【レポート】アクティブシニアの健康意識調査!

2004年9月、シニア・シルバー層の健康について意識調査を行いました。
回答者は30名(内男性7名、女性23名)、平均年齢は64.3歳でした。

皆さん、何らかの形で健康に気を使っており、「適度に歩く」などの身近な所から健康法を実施しています。
また、サプリメントなどの栄養補助食も引用している人が大半でした。
健康に付いては血圧・血糖値が気になる人がトップで、次いで足腰が弱まることを気にしている方が多い事が解りました。

健康で気になる点については「血圧」、「血糖値」がトップ、次いで「足腰が弱くなっている」という回答が多く見られました。
そのために「睡眠を良くとる」「適度な運動」を心がけていると回答した人が多く、健康のためにしている事は、1位「歩く」(30%)、2位「眠る」(15%)とお手軽にできる健康生活を送っている人が多い事が解かりました。

「健康を意識している」が、健康について「気にしている」人は少なく、日々の生活習慣の中で健康的であることを心がけているようです。
健康を過度に意識するより日常的に健康的であり、楽しい生活を送ろうというシニア層に対しては『日常的』で『気軽』、『解りやすい』健康グッズ の市場が大きいと考えられます。

Q1 健康に気を使っていますか?


健康について「とても気を使っている」と回答したのは全体の27%ですが、「やや気を使っている」と回答した人が70%と、ほぼ全員が健康を意識した生活を送っている事がわかりました。

Q2 栄養補助食品は飲んでいますか?


サプリメントなど栄養補助食品を飲用しているかという質問については「毎日飲んでいる」と回答した人が全体の50%、「たまに飲む」と回答した人が23%と、何らかの形で飲んでいる人が72%でした。シニア・シルバー層の中でサプリメントが根付いていることが判明しました。

Q3 健康雑誌買ってますか?


定期購読は0人。買わないと答えた人も44%。「健康」と口では言うけど「本を読むより実際に歩いたり、運動したほうが健康的」とのこと。
今回の回答者には健康雑誌を定期購読している人はおらず、気になったときだけ買う(45%)、立ち読みしている(11%)、買わない(44%)と健康についてしっかり考えるのではなく、日常的に軽く意識している姿が浮かび上がりました。

Q4 健康のためにしている事は?


「適度な運動」「食事」が圧倒的。殆どお金がかからないのが特徴。
サプリメントの飲用、山歩きなどの回答も。

Q5 健康の秘訣を教えてください

  • 血液が悪くならないように水分を十分に取り、暴飲暴食はやめて適度な運動にする(67歳女性)
  • 睡眠を充分とる。三食きちんと食べる。毎日ウォーキング(64歳女性)
  • 物事悩まない(62歳女性)
  • 何時も何かをしよう!という目標を持つこと、プラス思考で物事を考えることを目標にしています。(58歳女性)