【レポート】シニアがもらって嬉しいギフトとは?

物を思い出す男性、雰囲気を思い出す女性

シニア・プチリサーチ「プレゼントに対する思い出!」

プレゼントといえば市場では「6つのポケット」といって、「買ってあげる」ことばかりクローズアップされていますが、もらう事だってある!
どんなプレゼントが好まれるのか会員を対象にアンケートを行いました!

23名の方にネット上でご回答いただいた現在、「ゲンキン」なシニア層の姿が浮かんできました。

もらって嬉しいのは、わかりやすい「換金性の高いもの」


回答者の平均年齢は68.9歳。
もらい物をする回数の平均は1年に2.4回。
誕生日、父の日/母の日などの記念日、
クリスマスなどのタイミングでもらっているようです。

今までもらったプレゼントで一番嬉しいのは、男性は金券のようなものが多く、女性は誕生日などの記念日に高価な贈り物を良いムードでもらったときが一番記憶にあるようです。

Q1.プレゼントの思い出は?

「独身時代に」「新婚時代に」「子供が小さかった頃に」と思い出話が並ぶのが女性。
ロマンチックですね。
対照的に男性は「思い出といわれても、あまり無い」というのが意見。もしくは「○○をもらったのが嬉しかった」など、モノが中心になるようです。

■今までもらって嬉しかったもの
・子供から最初にもらった手書きのカード(女性、63歳)
・真珠アクセサリーセット(女性、76歳)
・バラの花(女性、69歳)
・馬券(男性、77歳)

■心に残るプレゼント
・息子が母の日に花を送ってくれた(58歳、女性)
・新婚時代にもらった花(76歳、女性)
・50歳の誕生日に50本の花束(69歳、女性)

Q2.プレゼントは誰からもらいますか?

プレゼントは誰からもらいますか、という質問には「伴侶」と回答した人が一番多く8人、次いで子供、友達と続きました。

Q3.もらって嬉しい物は?

もらって嬉しい物は女性は花が多く、男性は現金など換金性の強い物が回答にあがりました。

■もらって嬉しいもの
・健康(73歳、男性)
・食事券(63歳、女性)
・お花(71歳、55歳、女性他)

Q4.欲しくない物は?

欲しくないもの、という回答にも色々な回答が。
「もらえれば何でも!」という男性があれば「いやな人からもらうものはすべていや」という女性も。あげたときにいやな顔をされたら悲しいですね。

女性で特に人気が悪かったのが洋服。「趣味の合わないものをもらう率が高いから」というお声も。

■もらって嬉しくないもの
・趣味に合わないもの(58歳、女性)
・洋服(59歳、女性他多数)
 (男性の意見は殆ど無し)

「プレゼントなんてあげるばかりだよ」という声が聞こえてきそうな中、女性はいつになっても「夢」のあるものをもらうのが好きな様子がうかがえます。
大切なのはプレゼントの内容よりもプレゼントをもらうシチュエーション。いくつになってもプレゼントをもらう瞬間は嬉しい物ですね。