恥ずかしさを排除する

シニアマーケットを狙う一つのキーワードとして名誉欲と重大なのが「それを使うことによって恥ずかしい気持ちから逃れられる(と容易に推測できる)」というものが挙げられる。それは年を取ることであったり、知らないこと、ついていけない時代であったりする。エステの広告を見ると「太っているとこんなにだめ、やせるとこんなに毎日が楽しい」という広告が多い。多少の恐怖感を与え、その商品を得た後の素晴らしい生活を提示する。もちろん、打ち出し方は商品の特性にもよるが「うちの商品・サービスを利用したことで、今のあなたの「はずかしさ」がこんなに変わる!」ということを打ち出すことは有効である。直接的に恥ずかしさを隠すものではなく、シニア層の本音に隠されている「コンプレックス」コンプレックスの本音を探り、そこを癒すサービスを提供する。そうすることで、その商品はシニアマーケットに「解りやすく」受け入れられることになる。