マミオンのユーザーテストでは、右の写真の様な『アイトラッキングマシン』(通称アイカメラ)を使用し、視線の動きや見ていた時間を記録・分析することができます。

アイトラッキング(アイカメラ)とは、パソコンを操作する方の視線が、画面上でどのように動いているか、視線を追跡して確認する技術のことです。

マミオンでは、ディスプレイ下部から発する赤外線で視線を追跡するタイプの装置を使用しています。眼鏡のようなものをつけて操作するわけではありませんので、ユーザーに負担をかけずに視線を追跡することができます。

ユーザーはアイトラッキングのモニターの前に座り、視線を合わせるための操作(キャリブレーション)を20秒くらい行います。これでモニターから視線が拾えればアイトラッキングテストの開始です。

ユーザーが「どのようにウェブサイトを見ているのか」、しっかり認識したい時にご利用いただけます。

サイト、見られてる?

ちゃんとキャンペーンに気付いてもらったのか?
説明文は読んでもらっているのか?

逆に、ちゃんと見られていたのに内容を理解されていなかった、というケースもよくあります。

こうして、アイトラッキングとヒアリングとを組み合わせることで、非常に効果的なユーザーテストを実施することが可能になります。

 

ユーザーテストが終わると、アイトラッキングの結果は下の様なわかりやすいマップになって出てきます。赤く色が付いたところが、よく見られたところです。これなら、どこが問題か一目瞭然ですね。

関連:UXデザインと相性のよい「ゲイズプロット」分析のすすめ | マミオン有限会社

また実際の操作の様子を記録した動画もお渡しできるので、ショップのデザイン担当者との結果共有もスムースです。

 

アイトラッキングの利用手順

http://youtu.be/9P19a_4564U

  1. 対象サイトのURLをあらかじめアイトラッカー(アイカメラ)に入力しておきます
  2. 被験者を登録します
  3. 被験者が座ります。特に装置はつけません
  4. キャリブレーション(調整・測定)を行います
  5. 目線が測定できたらテストが始まります

アイトラッキングでわかること

1)ウェブサイトの「どこ」が見られたか
2)「どのくらい」見られたか
3)「どのような」視線の動きがあるのか

アイトラッキングでは解らないこと

「どのように考えたか」「失敗原因」はアイトラッキングでは解りません。
1)なぜそこを見たのか(興味があるから見たのか、わからないからよく見たのか)
2)好感度など主観的なもの
3)なぜ与えられた課題ができなかったのか

 

アイトラッキングQ&A

Q.アイトラッキングの仕組みを教えてください

A.アイトラッキングの機械本体はディスプレイと変わりありません。

ただ、ディスプレイの下に赤外線を発する部分があり、
そこから出る赤外線が瞳孔の動向を捉えます。

赤外線は人体に害を与えるものではありません。
また、ディスプレイの上にはカメラがついており、
被験者の操作中の表情を撮影することができます。

Q.何か装置をつけますか?

A.何もつけません。
被験者になる人は、普通にインターネットを操作するだけです。

特殊なディスプレイ(アイトラッカー)を利用して視線の動きを記録しますが、
そのディスプレイも一見ごく普通の液晶ディスプレイにしか見えません。

試験の最初に「キャリブレーション」(調整)を行い、視線を合わせます。

Q.フラッシュを使っているウェブサイトでも大丈夫ですか?

A.広告部分など、一部にフラッシュが利用されている場合は
問題なくアイトラッキングテストを行えます。

サイトのナビゲーションの部分などに利用されている場合は、
動画ファイルでのみ確認可能です。

Q.メールをアイトラッキングすることはできますか?

A.PDFや画像、ソフトウェアなど、
画面に映るものなら何でも視線を追跡することができます。

ただし、時折トラッキング出来ないソフトウェアもありますので、事前の確認が必要です。

Q.アイトラッキングできない人はどのような人ですか?

A.極端に姿勢が悪い方、まぶたが重い方などは、
アイトラッキングが難しい場合があります。

 

アイトラッキングに関するブログ記事