【ECケーススタディ】大カテゴリにはサブカテゴリ商品も全て表示する

【ECケーススタディ】大カテゴリにはサブカテゴリ商品も全て表示する

まとめ

階層構造をもったカテゴリメニューを利用する際は、大カテゴリをクリックした際には、サブカテゴリに属する商品も全て表示するようにしましょう。

サブカテゴリが展開したことに気付かないユーザーもいます。

視線の特徴

ユーザーは大カテゴリの【野菜のタネ、イモ、苗】をクリックしました。
視線は検索結果画面の方へ。

しかし、セット商品の7点分しか表示されません。
ユーザーは商品があまり充実していないという印象を持ってしまいました。

この後、仕方なく草花の種でもさがそうかとカテゴリメニューに視線を戻し、初めてサブカテゴリが表示されていたことに気づきました。もし野菜の種が欲しかった実際のユーザーであれば、ここでサイトを離脱していてもおかしくありません。

商品点数が多いにもかかわらず、それが表現できていないのでもったいなく感じます。

改善案

大カテゴリをクリックした際には、サブカテゴリに属する商品も全て表示するようにしましょう。

調査概要

調査対象URL サカタのタネ オンラインショップ
調査手法 ・アイトラッキングによる視点追跡 ・ヒアリングによる意見聴取 ・ユーザー観察による問題点抽出
タスク内容 このサイト内で野菜のタネや苗など、自分の好きな商品を購入してください。

アイトラッキング動画

http://youtu.be/CNJaZJXBGcY