【ECケーススタディ】プルダウンやエラー表示に気付かない

まとめ

商品購入時にプルダウンから選択をしないと先に進めないのですが、ユーザーはその存在に気付きません。

さらに悪いことに、出てきたエラー表示も目立たず、また何を修正すればよいかわからない表現でした。

重要な選択でなければ、自動で処理をさせるのも一つの手です。

視線の特徴

http://youtu.be/9eKHcmhs66c?t=1m
上の動画(1:00から再生)では、「のしの有無」を選択せずに「カートに入れる」ボタンをクリックしてしまっています。

ボタンのすぐ上に、赤字・囲みでエラーが表示されますが、「選択項目を全て入力/選択してください」という文章のみで、具体的なエラーの内容になっていないので、何を修正すればよいかわかりません。

また、色味も周りに溶け込み過ぎていて、目に入りにくいようです。

改善案

問題となるのはのしが不要な人。のしが必要な人は必ず選ぶが、自宅用に購入しようと思っている人はのしのことを全く考えていないため、のしについて選ばなければならないという発想が起きません。

のしを選択しなかった場合、自動的に「のし不要」とされるようにするとよいでしょう。

調査概要

調査対象URL ベイクドチーズケーキ・洋菓子専門店 佐野洋菓子研究部
目的 ・スムーズに購入できるページ構成になっているか?
・知りたい情報(説明や画像)がきちんとページに記載されているか?
・分かりづらい文章はないか?
・買い物かごに入れた後、注文確定まで不安無く終了したか?
・他ページへの移動はスムーズか?
調査手法 ・アイトラッキングによる視点追跡 ・ヒアリングによる意見聴取 ・ユーザー観察による問題点抽出
タスク内容 あなたはインターネットで「ベイクドチーズケーキ」を購入したいと思っています。
ヤフーなどで「ベイクドチーズケーキ」で検索し、あるサイトを見つけました。
今から表示されるサイトで、チーズケーキを購入してください。
その他、購入したい商品を自由に購入してください。

アイトラッキング動画

http://youtu.be/9eKHcmhs66c

佐野洋菓子研究部さん ユーザーテスト体験談はこちらから