【ECケーススタディ】アルファベットの知らない言葉には近づかない

【ECケーススタディ】アルファベットの知らない言葉には近づかない

まとめ

商品の画像に興味を持っているにも関わらず、知らないブランド名、特にアルファベット表記があるとクリックしない傾向が見られます。

馴染みのない言葉はできるだけ排除し、使う場合にもできるだけわかりやすい表記にできないか考えましょう。

視線の特徴

商品一覧
ハッキリした画像を掲載しているため、一覧から商品を選びやすいようです。

一方で、商品個別ページへのテキストリンクの文字がブランド名を中心としたものになってしまっており、読みにくく感じられます。
肝心の商品が何なのかが英語でしか表記されていません。

改善案

できるだけブランド名を入れたいという意図はわかりますが、多すぎると不要な情報が多く感じられます。

商品一覧の上部にブランド名が明記されているので、個別のテキストリンクには入れるブランド名はカタカナ(またはアルファベット)1つにしたり、短く省略しましょう。

また、わかりやすい表記は「漢字とひらがな>カタカナ>アルファベット」の順です。できるだけわかりやすい表記を利用してください。

調査概要

調査対象URL ブランドセレクト通販ショップ【亜洲’S本店】
目的 主なユーザーは男性、ファッション誌を読む20-30代の大学生、社会人。
雑誌掲載商品だけでなく、そのブランドの他の商品も見てもらい、今のシーズン(今は秋)のトレンド品種や新作をバンバン買って行って欲しい。
調査手法 ・アイトラッキングによる視点追跡 ・ヒアリングによる意見聴取 ・ユーザー観察による問題点抽出
タスク内容 あなたは、ファッション雑誌を読んで見つけた、あるブランド(インパクティスケリー)の服が気になっています。
ブランド名で検索し、ある通販ページにたどり着きました。
気に入る服があるか、自由に探して購入してください。
このブランド以外にも、自由に閲覧し、好みの商品を購入してください。
(ただし、このサイト内での購入に限ります。)

アイトラッキング動画

http://youtu.be/GrNjLn510Rg