【ECケーススタディ】何屋さんかわかる?

まとめ

メイン商材に関連しない情報をトップに多く表示していると、初めて訪れたユーザーが何のお店であるか理解できなくなってしまいます。

リピーターを飽きさせない工夫は必要ですが、メイン商材から離れすぎないように注意しましょう。

視線の特徴

トップページ
食用油を販売しいている印象が得られない。
ファーストビューに食用油らしい商品がなく、スクロールしてもオリジナルTシャツのPR画像になってしまっています。

お店の方によると、「いつも同じ画像だと運営している自分達も飽きてきてしまう。リピーターさんもあきるのではないか?」とのことですが、

改善案

常連さんを飽きさせないために、更新を心がけるのはすばらしいことです。

しかし、初めて来るお客さんに与える印象はファーストビューで決まってしまいます。画像には十分に気を配り、なんのお店であるかがハッキリ伝わる画像を選ぶ必要があります。

ブログや新着情報、ランキング、おすすめ商品などのコンテンツをうまく利用して更新されている印象を伝えてください。

調査概要

調査対象URL えごま油の店 金田油店
目的 ・「五味一体特別の油 『寿』」を頂き物としてもらい、美味しかったので自分で買おうと思い検索して来店した方がきちんと購入できるか確認したい
・セット販売のものを購入するとお得になること(1本当たり100円引きになる)に気づくか確認したい
調査手法 ・アイトラッキングによる視点追跡 ・ヒアリングによる意見聴取 ・ユーザー観察による問題点抽出
タスク内容 あなたは以前、「五味一体特別の油寿」という商品をお友達から頂きました。
おいしかったので、自分で購入しようと思い検索したところ、あるページにたどりつきました。
「五味一体特別の油寿」を、何本購入されても結構ですのでなるべくお得に(送料無料など)になるように購入してください。

アイトラッキング動画

http://youtu.be/EodWjYOzSZQ

金田油店さんのユーザーテスト体験談はこちらから