【ECケーススタディ】商品の切り替わりに気付かない

まとめ

「送料が分からない」などの不安な点があると、買物かごへの動きがぎこちなくなります。送料、お届け日数、会社概要はしっかり明記しましょう。

またファーストビューが同じだと、ユーザーには違う商品であることが分かりづらくなります。面倒でも、全てのページはファーストビューを変えるようにしましょう。

視線の特徴

カテゴリーページ

カテゴリーページ
①商品を求めている場合、文章はあまり読まれません。この部分を短い文章にし、ページ全体をすっきりさせるとよいでしょう。

②花の種類を知らない人は、どれを選べばよいかわかりません。特に読んでほしいところを太字にしましょう。

③違いが分かりにくい商品はランダムに並べてもあまり見られません。カテゴリ別のページに移動するか、売れ筋ランキングなどを掲載するのもよいでしょう。

個別商品ページ

個別商品ページ

①上部がすべて同じなので違いが分からず、クリックし間違えたと勘違いして戻ってしまうケースがありました。また、違いが分からないために左メニューをクリックしてしまう場合もありました。

②この商品の画像よりも下の別商品の画像の方が大きいため、間違えて下の方を見てしまいます。もう少し写真を大きくするとよいでしょう。

③上の製品より目立たないようにしましょう。

買い物かご

買い物かご

①この段階では送料が分かりづらいため、合計金額のところがよく見られています。「注意点」というタイトルは見られているものの、内容までは見られていないようです。

②カートの問題ですが、買い物を続ける」という表現がわかりづらく、続けるとこのまま決済に行けるのかと思ってしまいます。

調査概要

調査対象URL 宅配花屋さん 花RiRo
目的 ・検索エンジンから入った場合、「誕生日祝いの花」をすぐに見つけ購入する事ができるか。
・どのように誕生日祝いの花を探すか
調査手法 ・アイトラッキングによる視点追跡 ・ヒアリングによる意見聴取 ・ユーザー観察による問題点抽出
タスク内容 あなたのご家族もしくはご友人が誕生日の為、誕生日祝いの用途として5000円程度のお花を探しています。 そこで当店を見つけサイトのトップページにきました。 今から花屋のサイトが開きますので、どんな種類があるのか、誕生日祝いとしてどのようなものがいいのかを 確認した上で好みの商品を選んで購入して下さい。

アイトラッキング動画

http://youtu.be/9XbQ_MFbcyk

宅配花屋 花RiRoさん ユーザーテスト体験談はこちらから