【ECケーススタディ】ユーザーが何を求めてサイトに来たのかを知る

【ECケーススタディ】ユーザーが何を求めてサイトに来たのかを知る

まとめ

全体的に操作上の問題点はほとんどなく、タスクの「ついで買い」の達成率は100%でした。しかし商品を表す画像とキャッチコピーが端的に商品を伝えきれていないように見えます。

「ユーザーは、何を求めて自社サイトに来たのかを知る」
アクセス解析からユーザーの来訪意図を考えましょう。「お茶」で検索したのなら、「自分のサイトをきっと読みたいはずだ」というのは間違いです。多くのユーザーはそこまで商品や店舗のことを思っていません。

「ユーザーは10秒で、そのサイトで何を次にすべきかを決める」
今回は「タスク」があるのでそのまま注文という行動に移ってもらいましたが、サイトの内容を把握できない場合にはナビゲーションから別のページへ、もしくはページを離脱する可能性もあります。

視線の特徴

ファーストビュー

ファーストビュー
全体的に奇麗なページ。
ただし、検索エンジン経由でこのかぶせ煎茶のページに入ってしまった場合、「どのようなお茶のページなのか」を理解しにくい。リピータが多いウェブサイトの場合詳しい説明が省かれる傾向があるが、サイトに初めて訪れた方を考慮し、説明は省かないほうが望ましい。

本サイトの場合、トップページに「甘みとコクが濃ゆい『かぶせ煎茶』 」とあるが、ファーストビューが画像だけになってしまうため、理解がしづらくなる。(解像度:1024×768の場合)
ユーザーは写真で理解できない場合、写真に書かれているキャッチコピーをチェックし、その後サイトロゴを見る傾向が高い。画像のクオリティとキャッチコピーが非常に重要である。

ページには「ご注文はこちら」とリンクが張っており、リンク先もショッピングカートボタンが画面中央にくるように配置されているため、初心者も戸惑わずに操作が可能。

<問題点>
1)写真だけではお茶の特徴がわからない
2)文章でお茶の良さ・特徴が伝わっていない

<改善案>
1)かぶせ茶の特徴を画像の周りにキャッチコピーを配置
2)文章を全体的に短く、端的に書く

ついで買い

ボタン
1)一つの商品を買い物かごに入れた後に「買い物を続ける」ボタンの意味が「1)元の商品に戻る」のか「2)購入ステップに進む」のか わかりづらい。できれば「元の商品に戻り買い物を続ける」とラベルを変える。

2)「買い物を続ける」をクリックし、元のページに戻ってから、次のアクションの起こし方で惑う。主に上部のナビゲーションにいくか、左のナビゲーションに移る。
左のナビゲーションに視線が行った場合には商品をカテゴリで認識できる。
上のグローバルナビゲーションに目線が行った場合には、ナビゲーションの文字が薄く、ティッカーのように表示されているために、クリックできると思わないことがある。よりついで買いを促すために、上部のナビゲーションがもう少しボタン形状になっているとよい。

3)1名、元の商品に戻った後にページをスクロールさせ、ページ下の「おすすめ関連商品」から購入しようとしたが実際この部分は「かぶせ煎茶」と同時に購入するときに利用するものであり、個数を選んでも特に意味がない。ユーザーを惑わすナビゲーションになってしまうため、ここで個数を選べないようにするか、ショッピングカートボタンの近くにお薦め商品を配置する。

買い物かご周り

1)上記でも触れたが、「買い物を続ける」ボタンがナビゲーションとして惑わせやすい。
2)買い物ナビゲーションがあるが、矢印の形状になっていないため、その意味が理解されにくい。
3)買い物かご部分に5000円以上で送料半額とあるが、買い物かごページでの送料が下のほうにあるために戸惑うことがある。

調査概要

調査対象URL お茶の通販・京都おぶぶ茶苑
目的 ・商品ページから購入への導線を探る
・複数個買い物かごに入れるときの障壁
調査手法 ・アイトラッキングによる視点追跡 ・ヒアリングによる意見聴取 ・ユーザー観察による問題点抽出
タスク内容 かぶせ煎茶と大地のお茶を購入してください。

調査対象者

被験者 年齢 インターネット利用歴、その他情報
Mさん男性 35歳 ヘビーユーザー。ネットで商品購入をよく行っている
Mさん男性 39歳 ヘビーユーザー。
Nさん男性 36歳 ヘビーユーザー。自分自身でウェブを制作することもある。
Mさん女性 31歳 ヘビーユーザー。ネットで商品購入は問題ない。
Yさん女性 25歳 ヘビーユーザー。

アイトラッキング動画

http://youtu.be/YUI9v50hi7U

京都おぶぶ茶苑さんユーザーテスト体験談はこちらから