シニアの持つ二つの顔

友人が子どもを産んだ。すっかり「ママ」の顔になっている。この間まであんなに遊んでいたのにねぇ。と思う。そういえば、母は若かったんだ、と思うことがある。今の私の年齢のときに次女である私は世の中にいた(確か。)そう思うと、「お母さんは昔からお母さんだと思ってた」のが、実は、きちんと「若い人だった」ってこと、よく思う。シニア層と話していると、「母・父」としての顔と「友達」としての顔が全く違うことが解る。私にだってそう心を開いているわけではないが、シニア同志の集まりで耳を傾けているとそれはそれは、話の内容は大学生とほとんど変わらない。特に50代なんてきゃぴきゃぴだ。キャピキャピですよ。華の女子大生の代名詞をシニア層が背中に背負っている。ヨン様ブームのときに(今でもブーム?)どこかの週刊誌に「お世辞でも黄色い声とはいえない」と書いてあるくだりがあり、苦笑してしまったのだが、他人からは「黄色くない」でも、本人たちには「十分黄色い」のだ。シニアビジネスの話をするときに、私と会った人なら解りますが「恋愛」キーワードは欠かせないものです。ですが、どうしてもその話をすると純真なものではなくなってしまう。本当はすっごい純真な、純愛系、純恋系のものなんですけどね。おかげで私がさめてしまうほどに。「世の中もっと冷静に見ましょうよ」って(笑)しかし、多くの若者は多くのシニア層に接することはないのとシニア層が作るもう一つの対外的な顔の仮面に惑わされる。上司とか、親とか、そういうのもありですけどそれ以前に「人間だもの」。ということに気づくことからシニアビジネスは始まるのです。シニアに妙な概念を押し付けたり、求めたりしていませんか?シニアはあなたの未来です。等身大のシニア・シルバー層を見ていますか?